2017.06.30 ECMN







「ポタワトミー族はあまりにもまともすぎたのだ。だから汚れた河以外なにも残さなかった。私たちは、ここを去るとき、想い出に、おそらく一個の錆びた鉄の心臓を残すことになるだろう。シカゴという錆びた心臓はがっちりペテン師とまとも人間をつかむ。両方いっぺんににぎりしめている。想い出として、未来永劫に。」

DEPTHのRHY-Sを核として200×年から1x年間、行ってきた試みECMN。ダンスミュージックを志すDJやトラックメイカーがダンスを目的としない (コンテンポラリーダンスミュージックを除く) 記録をクラブだけが持つ、あの闇の中で再生したいという単純な動機で始まったのがこのイベント。数々の企画を経て、この動機は更新されていく。

今では上映される映像に合わせて、ターンテーブル二台と映像からの音声をミキサーでコラージュ、架空のサウンドトラックを即興で作るという主旨となる。実行委員はこのイベントは音屋が閉まった原因の一つとして自負しており、ストンプに場所を移すも休止中だった。

2017年、音楽が形容詞としてのCONCRETE、映像が名詞としてのCONCRETEというテーマの元 mole musicで行われていた服田雄介「破壊派抽象表現説明的展開」のコンセプトに合わせて再び活動を再会。演者は黙ってその映像の衝撃に身を委ねることなく、沈黙を埋め合わせるかのように、細かなカットやシーケンスを捕らえてコラージュを続けることで、個人史と歴史の間を往き来する。

音楽がなぜ未だに再生装置として物(イメージ)を求めるのか。その答えはここには決して無いが、一つの挑発となることを願う。なぜならこのイベントは常に現実としての映像と対話することにより、レコードという記録、そして演者の記憶が再生されるのだから。

「つまるところ映像はあらんとする現実をあらしめることに血筋をあげればいいのである」

では音楽は... 


実行委員会の根城であるNOONでの開催を承諾していただいた方々への感謝を胸に、実行委員一同、屈託の無い笑顔でご来場お待ちしております。

(ECMN実行委員会)

参考文献 

「映画は全てドキュメンタリーである」中平卓馬

「シカゴ、シカゴ」
ネルソン・オルグレン


2017.06.18 インドフリスを囲む会 at MOLE MUSIC


第一回「インドフリスを囲む会」

2017.06.18 (SUN) at MOLE MUSIC
17:00~19:00

2017.03.26 ANOTHERMADNESS 徳島チャラパルタ遠征の翌日、軽く仮眠をとってからmole musicで行ったind_frisのライブがあまりにも気持ち良かったので「インドフリスを囲む会」と題して、月に一度mole musicでライヴをしてもらうことになりました。文字通り、店の中央にind_frisブースを設置。ind_fris囲んで音楽を聴くことができる会です。時間は夕暮れ時、17時から2時間ぐらいを予定しています。フリーイベント、グッときたらind_frisに投げ銭をよろしくお願いします。


2017.06.17 KOOL-AID



公然 ACID HOUSE SET

again

レーベルのカタログROKOTSUNA00E Eva Ryu × Kawamura Akihiko「again」。CD-RとDVD-Rの体裁1800円でのリリース。「THE END」に続く、この作品は全てを失いかけたドラマーの少年期飛行の夢が彼を見捨てなかった記録となる。名前を上げればキリが無い様々なバンドにドラムとして参加しながら、現行でダンスミュージックを作ることを選んだ彼のマシーンミュージックは昨今のLOWの概念に対する一つの回答となってしまうだろう。MPC3000をドラムセットにアサイン、自らマシーンと化して叩き出した肉感的ビートをエディット、クオンタイズしたダンスミュージックとして再構築。こうして刻まれたグルーヴはハウスミュージック、ダウンビートとしては異様な印象を与える。因みにこのアルバムから何曲かが極小数枚イタリアのレーベルからリリースされるそう。ジャケットと彼の過去作品を使用した映像集は共にジャパニーズロリポップとして活動してきたKawamura Akihikoが制作。誰よりも彼の音楽と長く付き合ってきた盟友によるサンプリング、カットアップはマシーンミュージックにユーモアを与えながら、妥協することなく挑発、更にEva Ryuを解体する。何度埋められようとも、夢の島の廃材からまた新たなEva Ryuは生産される。そしてまた埋められる。

2017.05.18

週刊少年ブザマ

とは自主制作の帝王、和歌山(今は大阪在住)のMC生活が少年期(主に小学五年生)の記憶、秘部、恥部を80頁のマガジンにして発行したモノだ。このマガジンとの出会いは生活との出会いでもあった。80頁のZINEは当事一部のみ発行。誰のためでも無く書きためていた文章をある特定の人に読んでもらうために纏めたもの。因みにそのある特定の人はこのZINEを受け取るも読んでいないとのこと。彼の存在は某レーベルからリリースされた「ベスト」なるアルバムを店で取り扱っていたので既に知っていた。会ってみると文字通りのオジサンキッズ、中学生みたいなおっさんだった。音も配置不可能なファイルアンダーオジサンキッズ。「ベスト」は異例のアングラヒットとなるが、それ以降は全くリリースせず。初対面ながら本人に売れたら嬉しいけど売れる気は無いでしょって聞いたら、無いっすねとの返答を合図に交流がスタート。彼が過去に配布していた自主制作盤をmole musicで扱うことになる。扱うタイトルはほとんど完売。残っているタイトルはキッズサイズのTシャツが付いている「あやしい」ぐらい。見事に彼のプロパガンダは成功したのかもしれない。生活のみぞ知る少年期の友達、木下たっくんなる人物の誕生日会「木下たっくんの誕生日会」の開催やジャックマスターフルサト名義で彼のバックDJとしても参加、何か物騒なことを企てるときには出来るだけ参加してもらっている。最近は彼も忙しくなり会える機会も少なくなった。昨日は寝起きに吐血して僕大丈夫なのかなって考えているときに、生活の相方から連絡が入る。急いで店に向かうと、そのマガジンを8冊納品してくれた (CD にこにこぷんがやってきた も付いている)。彼との交流、恐らく3年を経て、ある特定の人としてこのマガジンを手に入れることができた。羞恥心の叫び?誰に?とフェティシズムの極北 ?何処?が詰まったマガジンは今までの生活の自主制作物に反応してくだすった方々に是非とも手にとってもらいたいモノ。これだけ自分を曝した物を販売できる人はなかなかいない。僕はというと、やっと手に入れたマガジンを店に忘れ、部屋で色々思い返しながら携帯でこの駄文を打ち込んでいる。

2017.05.12



ECMN





MOLE MUSICで行っている服田雄介「破壊派抽象表現説明的展開」に合わせてNOONのRHY-Sことタイチ、今はブルックリンで活動しているコウタ、NOONスタッフのムツ、DEPTHのプリンスことヤグチ、リターントリップと不定期で行ってきたパーティーでは無くイベントECMNを4月25(火) MOLE MUSIC営業終了後、深夜に開催します。
このイベントは当日お題として上映される映像に合わせて、ターンテーブル二台と映像からの音声をミキサーでコラージュ、架空のサウンドトラックを即興で作るという主旨のイベントです、、、が楽しみ方は自由。ピザ、ポップコーンとコーラで一晩過ごせる雰囲気です。ムツが音屋で店長をしていた10年ほど前に始まり(主催者側は音屋が閉まった原因の一つとして自負しております) 、ストンプに場所を移すも休止中でした。
演者は黙ってその映像の衝撃に身を委ねることなく、沈黙を埋め合わせるかのように、細かなカットやシーケンスを捕らえてコラージュを続けることで、個人史と歴史の間を往き来します。この日は音楽が形容詞としてのCONCRETE、映像が名詞としてのCONCRETE。今回の個展のテーマとの親和性を楽しんでいただければと思います。
「つまるところ映像はあらんとする現実をあらしめることに血筋をあげればいいのである」
では音楽とは...
参考文献 「映画は全てドキュメンタリーである」中平卓馬
2017.04.24

2017.04.15 FAT CAMP



日程:2017年4月15-16日(土曜オールナイト、日曜12時完全撤収)
場所: 高槻ラビットパーク(高槻市川久保1−111)
チケット:前売/入場券5000円、駐車券付入場券7000円
当日/入場券6000円、駐車場付入場券8000円
公式HP:http://fatcamp.jp/




フェスでのDJは15年ぶり。びわ湖バレイ(GOD BLESS TRANCE 2002)以来です。当時二十歳と偽り十九歳でした...すいません。4月15日~4月16日 高槻市のラビットパークにて行われるFAT CAMPに参加します。「限界を肥えろ」というテーマということで、出番の朝4時から止められるまでヤル予定です。楽しみ。よろしくお願いします。

2017.04.02 URCのオリジナル盤を見る、聞く、触る、大阪上町編 最終回

「URCのオリジナル盤を見る、聞く、触る、大阪上町編 最終回」

2017.04.02 (SUN)
15:00〜22:00/会費:2000円 (晩飯付) (15人座席 立ち聴き可)

出演:田口史人(円盤)
場所:MOLE MUSIC
開始:15:00

住所:大阪府大阪市中央区上町1-25-22上二ハイツ 1F 東側 MOLE MUSIC
電話:06-6796-9640
メール:info@mole-music.com

予約はMOLE MUSICまで。

協力 円盤、山本製菓

「はっぴいえんど、遠藤賢司、高田渡、岡林信康、金延幸子らを輩出したインディーズ・レーベルの始祖、URCの全作品をオリジナル盤で見て、聞いて、触って、それらの名作群が生まれた時代を疑似体験しようというイベントです。発売順に聞いていく事で初めて見えてくるこのレーベルの真の姿に震撼してください。ついにクライマックス。URCの特異性の胆はここ。衝撃の?!結末が待っているURCの真骨頂。ここの話がしたいがための長い長い前振りだったというハナシも(笑)」田口史人

最終回

田口さんとURCが勝つかMOLE MUSICが勝つか、なんて話をしていましたが(本気)ついに最終回を開催することができそうです。意地でも最終回を迎えるまでは営業しようという約束も果たせそうです。本当にありがとうございます。ご参加お待ちしています。


2017.03.26 ANOTHERMADNESS



ANOTHER MADNESS
2017/4/8(土) 22時~

2,000yen/w1d


-guest live-

EvaRyu
hypnotic inc. with ind_fris


-guest djs-

Mitsuki
Take


-dj-
TKC

Live Paint
服田雄介

2017.03.25 UNIT STRUCTURES


20代の京都での活動と言えば、平野孝則さんとのUnit Structures。深さを追求するエレクトロニクスとブラックビートロジーをテーマにしたパーティーだった。201X年、人生の転換期になる出来事があり、半年ほどDJを休止、その時期にUnit Structuresを行っていた京都Collageも閉店した。平野さんとはUnit Structuresを介して活動していたため、しばらく共に活動することは無くなった。

しばらくして幸いにも自身で場所をもつことができ、去年、平野さんにノーザンソウルをテーマしたDJを店内でしてもらうことに。今年は60~70年代のスワンプロック~シンガーソングライター編ということで京都で主宰されているパーティーmagic momentのテーマをそのままMole Musicに持ってきてもらいプレイしてもらう。平野さんから、今までやってきた場所の中で一番場所とテーマが合っていると言って頂けた。僕自身も流れる音と状況が一致していると感じたので、この会は平野さんが許す限り、頻繁に行うと思います。

そして今夜はUnit Structures。Unit Structuresでは、所謂シーケンスされていないレコードもプレイします。昔、CANの「Future Days」を二人とも持って来ていた会があった。平野さんがドイツ盤、僕はイギリス盤。平野さんはオリジナル盤を推していたが、クラブでプレイするにはイギリス盤の音質が調子良いんです...という僕のクソ生意気な意見に「確かに、その通りです」と答えてくれた。本当に信頼できる方。ここには書けないレコード屋として生きていく格言をいくつも与えてくれた尊敬できる方。

「なにでもよいということはなにもないことと同じです」

それでは
チャイ・タウンの3丁目26番地から発信されたマシーン・ビートが、ジャズを師と、ファンクをプリーチャーと仰ぐモーター・シティの深い闇の中、赤褐色のソウルと惑星Eの電磁波に進むべき道を示し、猥雑にデフォルメされたディスコ・ミュージックには宇宙よりホーリー・ゴーストが降り立つ。一方、ベルリンの地下世界では極小の音塊が冷やかな熱を帯びて轟音を放ち、南米の森林奥深くでは強熱のプログレッシヴ・ロックが目眩く化学反応を起こす。逸脱したノイズが空間を歪め、イーヴン・キックが肉体に永遠の時を構築する。アンダーグラウンド・テクノ、ディープ・ミニマル、デトロイト・ハウス、シカゴ・アシッド、ブラック・ディスコ、スピリチュアル・ジャズがビートを刻みます

新たにUnit Structuresのイメージを再構築してくれたユウスケにも感謝を。カリフラワーさん、よろしくお願いします。

2017.03.25



2017.3.21 ~ 2017.03.22 Hakuba ~ Matsumoto



2017.03.17 Compufunk Records



2017.03.17 (FRI) at Compufunk Records
Door 1000 Yen

Guest DJ
REYNOLD (Trenton Rec from Berlin)

DJs
DNT - POWWOW -
MITSUKI - MOLE MUSIC - 
DJ COMPUFUNK

2017.03.12 味集中システム



A Taste of Honey
血ヘド吐くまでHouse Party
oh baby 食は万里を越える
味集中システム

feat.
Bushmind (Seminishukei / Rockasen / 2x4)
Mitsuki (Mole Music)
okadada

2017.3.12 sunday evening
Time Out Cafe & Diner[LIQUIDROOM 2F]
18:00-23:00
1st drink charge 1,000yen

info
Time Out Cafe & Diner 03-5774-0440
LIQUIDROOM 03-5464-0800